「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・ランニングする40才+α

::これは(たぶん)便利!
:: 最近のあれこれ








:: Navigation

ご協力ください
running 

wiki
みんなで作る
ランニング辞典






:. その後の神経痛

ランニング日誌 || 2007/10/29 - 22:33 ||

 以前書いた「自称坐骨神経痛に悩む」ですが、全然よくならないです。が、まぁならないなりにいろいろとやっています。まず、医者が変わりました。
前は某大学病院に通っていて、様子見で薬療養だったのですが、全然変化が無い。大学病院的にも、いつまでもこんなの引っ張っておく訳にもいかないのでしょう、「じゃ、クリニック紹介しますのでそこで電気とかやりましょう。紹介状書きます。」みたいな感じで追い出されてしまいました(^^)

背骨
そこ、大学病院の近所なので決してうちから近いわけではないのですが、せっかく紹介状もあったので通うことにしました。

そこのドクターいわく、某所に水が溜まっているのでそれが神経を刺激する・・・とのこと。彼曰く、病名は「腰椎椎間関節症」だそうです(?)。ということで、そこでは基本的に、電気治療といって、筋肉に電気流してダイエットEMSみたいなやつで患部(腰)を刺激したり、牽引とかいって、背骨(腰)を機械的に引っ張って患部を癒します。この牽引。壁に貼ってある写真を見ると、背骨の間隔が治療前と後ではずいぶん広がっているので、たぶん終わったら身長も伸びているんだろうなぁ・・と思いながらやってます。ぜひ、身長計とか病院内に置いておけばいいのに。

まぁ、そんなでこれらの治療をすると、まるで、アンマ等の後のもみ返しのように、当日・翌日に強烈なだるさを感じます。でも、治療すると、神経痛もその時は治まるような気もします。

しかし、その時はいいのですが、やはり毎日の電車通勤とかで立ちっぱなしだと、神経痛が徐々に溜まっていって週末はピークに。そうすると、毎週というわけには行きませんがブロック注射とか言うので、腰に注射を打たれます。それはそれで、電気や牽引に比べて即効性は○。たぶん効果の持続性も高いですね。しかし、何といっても、背中から注射されるので、不意を打たれるというか、急にプスっとくるので、ビクッと来てしまいます。「行きますよ」って言われても、ビクッとくるし、正直怖いです。(^。^;)

まぁ、そんなわけで、全然良くはならないのですが、週末は少し楽になるように治療してるって感じです。そんな不安げな私にそこのドクターは「いや、これは直りますよ。」って言ってくれたので、藁にもすがる思いでもうちょっとやってみようと思っています。

最新アクセス:2019-05-24 00:54:57 / 4623

タグ:


Facebook
 
関連記事検索
::まさWeblog search for その後の神経痛
COMMENTS

aloha!moana さんからのコメント


good job!応援してます。

2007/10/30 05:26

「た」 さんからのコメント


う~.....大変そうだ.....早く治るといいですね。
ところで、この写真は?

2007/10/30 07:27

masa さんからのコメント


>アロハさん
どうもです。

>「た」さん
私の断面図です。

2007/10/30 23:55

マハロ菊池 さんからのコメント


治るっていってもらえただけでも安心ですよね。
私もぎっくりを何度かやった腰痛持ちでして、先日も電車から降りる何でもない数センチの段差でグキッと来たりして、危ないアブナイと思ったりしております。

2007/10/31 07:22

masa さんからのコメント


>マハロ菊池さん
治るって行っておけば、しばらく通うだろーってことじゃないことを祈ってます。

2007/10/31 22:33

あくび さんからのコメント


うちの息子が椎間板ヘルニアで坐骨神経痛やったときの写真を思い出しました。。。やっかいなんですよね、この手の痛み。息子はブロック注射がまったくあわず、気分が悪くなるので処置ができなくなりました。
まささん、はやくよくなるといいですね。

2007/11/06 22:34

masa さんからのコメント


>あくびさん
ブロック注射で気分が悪くなる人もいるんですかぁ。私はこれでも恵まれている方なんですねw

2007/11/07 07:06

Add Comments

■Admin Area
© copyright 2004-2019 まさ ■