「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・ランニングする40才+α

::これは(たぶん)便利!
:: 最近のあれこれ








:: Navigation

ご協力ください
running 

wiki
みんなで作る
ランニング辞典






:. 性懲りもなく富士登山

ランニング日誌 || 2006/07/04 - 21:48 ||

 月曜日。天気予報も「曇り時々晴れ」とかに変わったので、富士山にまたまたまた行ってきました。今まではなんだかんだ言っても不安なロード部分を中心にした経験値アップだったのですが、それだと飽きてしまうので、もう少し上まで行ってみることにしました。
ふじやま
これまでは、六合目あたりの救護所が最高地点だったので、今回は八合目あたりが目標。スタートは中の茶屋。

ところが、モチベーション全然あがらず。馬返しの遠く手前で無意識に歩いてしまいました。おいおい、しっかりせーよ。

いつもの道を通って五合目到達。途中からスタートしている割にはタイムがいつもの変わらず・・(泣)

まぁ、今日のテーマはここから上だからと開き直り。(本番じゃ行けるかわかりませんが)

ところがここからの砂礫や岩場。あれぇー、こんなにいきなりきつかったっけ?と思うほど、私の記憶の中の六合目以降とのギャップにびっくり。いくつもある山小屋に到着するたびにここで止めるか上に行くかの選択を迫られます。

で、もう絶対ここで降りようと思った八合目。おしまい、おしまいとストップウォッチに手をかけた時、目の前に5歳くらいの女の子がお父さんといっしょに手をつなぎながら登っているじゃないですか。「げぇー、これはいかん。」と思ってもう少し上がることに。

本八合目で、せっかくここまで来たのだからと、がんばるも20歩登るとその決断を後悔します。とはいえもう近いはずと思いつつ登ります。上の方はガスが出ていて山頂が見えません。逆にきっともう少しで頂上だろうとだまされて上がり続けました。

で、やっとのことで山頂へ。もう、へろへろ。なんかめまいはするし、心臓はバクバク言っているし、やっぱりきついですよ。この高さは・・・。

タイムは4時間30分だって・・。市役所から中の茶屋まで40~45分くらい私はかかりますので、全工程を4時間半というのがいかに大変か再認識しました(泣)。

山頂では、とりあえずラーメンで暖を取って、遅くならなくならないうちに返ります。ところが登っている時はそんなに感じなかったのですが、めちゃくちゃ気温が下がってます。(山小屋内でも息が白かった。)で、ものすごい風。格好といえば、Tシャツにウィンドウブレーカー。下は短パンです。
下山道に向かう途中、あまりの冷たい風に歯がガクガク震えます。心底サムイ・・・。ここで足を捻挫して動けなくなったら、死ぬと思いました。(ちなみに周りに人はいない・・。)幸い、どうにか下山でき(少し下がるだけで状況はずいぶん変わることが多い。)ましたけど。

そこから長い道のりを降ります。これも、辛いものがありますよね。中の茶屋まで行かなきゃいけないと思うとほんと辛い。帰り道は足もうまく上がらないのか、つまずいたり、足ひねりそうになったりで、ほんとヨチヨチペース。2時間半かかりました。

なんか勢いで上まで行っちゃいましたけど、ほんとイメージが違いました。頂上行ったの3度目ですけど、なんか一番きつかった。
今日とか、深呼吸のやりすぎで横隔膜が筋肉痛の気がします(^^)。

やっぱり、天気のいい日にゆったり登るのがきっと健康にいいんでしょうね。


最新アクセス:2019-01-19 14:56:46 / 3290

タグ:


Facebook
 
関連記事検索
::まさWeblog search for 性懲りもなく富士登山
COMMENTS

まっち さんからのコメント


まささん、「性懲りもなく」ではないの~?

2006/07/04 22:34

「た」 さんからのコメント


やっぱさぁ.....我々の取り柄って「諦めの悪さ」....って気がしませんか?
いい加減にがんがっちゃいましょうやぁ♪

2006/07/04 23:25

マカニ・トモ さんからのコメント


やはり、3000m級の山は、たやすくないですね。僕は、とりあえず、2番目に高い山に登ろうかと思いました。しかし、休めるかなぁ~。そこが一番高い壁だったりして。

2006/07/05 01:23

マハロ菊池 さんからのコメント


だんだん完走が近づいてるような。
分類が「もろもろ雑記」になってるのは「ランニング 富士登山」でググられないようにするためか・・。でもすでに出ちゃうなあ。
「ランニング 富士」でも1枚目だし。

2006/07/05 07:06

shimo さんからのコメント


おや、まあ、連続ですか。
頂上はじっとしていると寒かったですね。
帰りは大変でしょう、頂上までいったら5合目から中の茶屋まで長ーいから。馬返しから舗装路になって、もーいやになチャいますね。

2006/07/05 14:34

ヒロ児玉 さんからのコメント


富士山も山開きで本格的なシーズン到来なんですね。なんだかんだ言っても山頂までいっちゃうんだからいい鍛錬だったのでは。

本番は、試走の時と違って思わぬパワーがどっかから出てくるから自信を持って臨みましょう!

2006/07/05 21:38

masa さんからのコメント


>まっちさん
すいません。さっそく直させていただきました。(^^)

>「た」さん
そう諦めの悪さっていうのはあるかもしれませんね。ほんと。

>マカニ・トモさん
土日じゃだめなんですか?

>マハロ菊池さん
あ、そういうパターンの検索までは考慮してませんでした。カテゴリーは単なる間違えですね。直しておこ。

>shimoさん
あの舗装路が妙にいやーなんですよね。

>ヒロ児玉さん
平日だったんで山開き後だけど寂しかったです。ただ山小屋がやっているので安心感はありますけどね。

2006/07/05 22:10

ネオス さんからのコメント


この大会だけは平日ということもありますけど、関門アウトでリタイヤになりそうな気がして食指が動かないんですよね。
リタイヤすることににビビってるんですよね。
でもマサさんは頑張ってゴールしちゃってくださいね♪

2006/07/05 23:12

マカニ・トモ さんからのコメント


土日に丸1日家を空けるのは、月に1回と決めているのです。子供と遊べるのも、いましばらくですし。なので、どうしても2回以上行きたい時は、平日に有給とって行くようにしています。

2006/07/06 09:10

masa さんからのコメント


>ネオスさん
1度アウトになっているのでそれに抵抗はないんですけど・・(^^)

>マカニトモさん
平日に子供と遊ぶっていう手もありますよね。

2006/07/06 23:03

ヨコ (洋子改め) さんからのコメント


パソコンの調子が悪くて反応が遅くなりましたが・・
練習すればするほど(かといってそれほどやってないんですが)難しい大会だと思います。
今年でやめにしようと思ってたけど、北丹沢に出て決心しました。こうなったら時間内完走するまでやめません。まささんがんばろう!
私も諦めが悪いかなー

2006/07/14 14:59

masa さんからのコメント


>ヨコさん
北丹沢で火がついちゃいましたか(^^)
ほんと奥が深かいですよね。これ。

2006/07/14 22:19

Add Comments

■Admin Area
© copyright 2004-2018 まさ ■