「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・ランニングする40才+α

::これは(たぶん)便利!
:: 最近のあれこれ








:: Navigation

ご協力ください
running 

wiki
みんなで作る
ランニング辞典






HOME (Archive) > 第7回長野オリンピック記念長野マラソン
« 長野マラソンに発つ前に | 100g、100円の脂肪 その後 »
:. 第7回長野オリンピック記念長野マラソン

大会参加記 || 2005/04/18 - 16:41 ||

<場所:長野市内 8時35分スタート>

Tシャツ

先月の荒川市民マラソンは、自己新を大幅更新の3時間21分38秒。今回の長野マラソンは3時間20分切りも見えてくる。ただ、昨年同じ荒川→長野を経験し、結果、荒川より悪いタイムでゴール。短期間での調整の難しさを実感した。それを踏まえて、軽めにすごした1ヶ月。やっぱり、調子が乗らないなぁと思いつつも、やはり色気を出して20分切りを目標に長野入り。

結果は、荒川の天国から長野の地獄に転落。初フルより遅く、昨年の長野よりも遅い、自己ワーストのタイムでゴールに到着した。

まるで、ブログのネタを作る為に走ったかのような1ヶ月間の転落ぶりだ。

昨年はスタート直後、スピードが出ないのを実感。疲れが取れていない為と分析して、今回は去年に比べて練習量少な目に過ごしてきた。直前の風邪引きもあり、疲れは残っていないと思っていた。でも、実際は体が出来ていなかったというか、スピード感覚が落ちていたようだ。

また、モチベーションの問題。荒川までピィーンと張りつめていた気持ちが一度切れた。それと、長野遠征=旅行みたいなところもあり、ファンランでいいかなという気持ちも直前まで見え隠れしていたのも事実。

とはいえ、1kmを4分41秒で刻んで3時間20分を狙おうと思ったからには、それに向かって最大限の努力をしなければいけないのだ。


バッチ
前日の昼過ぎに、長野入り。今年も奥さんと子供二人を連れてのレースだ。うちの奥さんに言わせると、長野マラソンは待つ(応援する)人に取っても、いろいろとイベントがあって、「あそこなら付いていく」という大会らしい。
恒例の善光寺に寄って(喪中だからお参りはしませんでした)、そば食べて、みそおにぎりとみそソフトを食べてから、ゼッケンを受け取りに。夜は代々木RC+るうじさんと「完走を誓うパーティ」。その時、最低目標タイムは?の質問に前日までは3時間25分と言っていたのに30分とすでに修正した自分が情けない。

さて、当日。7時前には会場入り。ウォーミングアップがてら、スタート会場である長野運動公園内を巡る。この長野マラソンスタート地点はトイレの量もしっかり確保されているし、スタート前給水も支給してくれる。余裕をもって荷物をあずけスタート地点へ。海外からの参加選手も多いのもあってか、アナウンスは日本語のあとに英語。なかなか気分も盛り上がる。前のクレーン上のNHKカメラがグィーンと上に動きだしてスタート。

最初の1kmは4分57秒。ここは5分以上を想定していただけに順調。以下4分47秒・4分47秒・5分08秒・4分44秒と5kmまでで1度も想定タイムの4分41秒が切れない。ただ自分自身最初の5kmくらいはウォーミングアップ。あとあとスピードが乗れば挽回がきくさ、くらいの気持ちであったので焦りはあまり無かった。

6kmまではやや登り。4分56秒。まあ、登りだし。で善光寺を左折して下り坂に入る。しかし、たぶんこのコースで一番長いくだり坂でタイムが縮まると思える7km地点なのに4分44秒。えっ?ここでも目標の4分41秒を切れないの?
この1ヶ月、ペース走とかビルドアップが不足していた結果だろうか。とにかくこの時点で今回の3時間20分切りは不可能であると判断してしまった。気持ちが入っていれば何くそと行ったのかもしれないが、今回はでもこのまま行っても25分くらいは切れるかなという弱気モードになっていた。
結局、この10kmまでの5kmタイムは24分09秒。でも、応援のおかげもあり、1kmが荒川より遙かに短く感じる。不思議な感覚だ。

ここらへんから市内を徐々に離れ街から町に風景が変わる。なんとなく、グループの中で回りに遅れていく自分がわかる。抜いていく人が多い。15kmまでの5kmラップ。24分16秒。14kmから15kmはやっと5分切りだった。あれ、ちょっとスピードが落ちてきたぞ。息のちょっと上がってきた感覚。うーん。

ここからしばらく少し長い(3kmくらいか)折り返しを挟んで対面通行となる。応援も増える。だが、あきらかに回りに取り残されていく自分がわかる。たぶんこの集団は3時間25分くらいのレベルか?そこから落ちていく自分。エムウェーブを廻る時に(たぶん普段ではなんでもないであろう)アップダウンがきつい。20km手前でこんな気分になるのは初めてだ。19km-20kmまでの1kmは五輪大橋手前の登りの影響もあっただが、なんと5分21秒!20kmまでの5kmが25分06秒。この時点での、このラップ。トラブルがあったわけでなく、自然と落ちてきたタイム。もう、気持ちの中では、捨てムード。というより、棄権とかしたらどうなるんだろうとかを考えるようになる。

ハーフを通過したところでは、前半の貯めがあったので1時間45分を切っていたが、このままでいけば3時間30分は当然無理。というか、半分終わったところで1kmが5分21秒まで落ちたタイムはここからどこまでさらに落ちていくのか?

24km地点に家族の応援があるはず。とりあえずそこまでは行かなきゃいけない。でなければ、永遠に待たせてしまうことになるから。「×時○分くらいには通過するよ」と言ったタイムからたぶんずいぶん遅れてるんだろうなぁと思いつつ、応援する彼らを発見。手を振るも、みんなに抜かれていく父を見せるのは恥ずかしい気分だ。
去年も中継に使われていた25km関門を通過。関門閉鎖タイムにはまだ余裕があるけど、関門という言葉が大きく感じる。この5kmは26分07秒。もうすべて1kmは5分台だ。

そしてここからは、千曲川沿いを走るコース。去年ほど桜や山を見て楽しむ余裕無し。後ろから来る人すべてに抜かれている感じ。着地の衝撃がなんか全身に跳ね返る感じ。腰も重たい。遠くで花火の音。たぶん、男子ランナーのゴールだ。私はこれからまだまだ遠い。松代大橋をくぐるポイントを通過。ここで止めればたぶん一番ゴールに近いところだ。
どうしようかなぁ。でも、途中でやめたら、子供に教育上よくないよな。諦めたことを見せるわけにはいかない。でも、棄権したなんて言わなければわからないかなぁ。いやいやだめだ。
そんなことを考えながらの30km。28分30秒。

あと12km。この調子じゃあと1時間以上。どこかで読んだ、「止める理由は幾らでもある。走る理由はひとつしかない。」という言葉を思い出す。確かに、止めたら絶対あとで後悔するし、歩いても制限5時間以内ではいけるんだから、リタイアだけはするまいと決める。岩野橋を渡って千曲川を戻る。うわぁすごい向かい風じゃん。今まで追い風だったの?まいったなぁと思いつつ、ほとんど歩きに近いと思われるスピードを保つ。33.7kmエイド。ここで生まれて初めて給食としてバナナを食べた。
今までは、水はともかく給食はタイムにマイナスのような気がして取ったことがなかったが、さすがに今回はもうタイム関係なし。どんなものか食する。以後、すべてのエイドではスポーツドリンクを飲み干し+バナナを採る。35kmまでの5km、30分41秒。1kmあたり6分30秒以上かかるラップも出てくる。

このようにあらためて書くと、簡単にかけてしまうが、ものすごく長い1km表示が続く。前半、短い1kmだなぁと思えたのが嘘のようにとてつもなく長い1km。ほんと、ああ歩こうという誘惑に駆られる。でも、河川敷でも数メートル毎に応援の人がいて、がんばれと言われると、その人の手前では歩けない。そんなこんなで、ほとんど死にそうな状態で、前には進む。
1km毎に見るラップはぎりぎり7分を切るペース。昨年以上に松代大橋の登り+風に苦しめられ、40km地点が33分42秒。

歩かなきゃ4時間は切るかなぁ。こりゃ、みんな待たせたなぁ。と考えながら残り1km表示。でもまだ1km。足は限界。ふくらはぎがビンビンに張っている。何かの衝撃で、攣り(ツリ)そうな感じだ。もし攣ったらもう走れないような気がする。この段階で、走るというよりはおそるおそる足を前に出すだけ。速く走ろうという気持ちは微塵もなく、ただただ無事にゴールできればと思う。ガラスで出来た足で進んでいるような感覚で、なにかのショックで壊れてしまいそう。壊さないように、壊さないように・・。

パンフレット
そして、感動もなにもなくゴール。3時間51分58秒(ネット)。
ゴール時は悔しいとか、情けないとか、そういう気持ちよりも全身の痛みが大きくて呆然状態だった。
体育館で着替えている時、右足が攣る。続いて左足も。腹筋も。もう痛くて、もだえる。あああ。


今回の敗因はなんだったんだろう?疲れとか、練習不足とか病み上がりとか精神的な弱さとか、いろいろ浮かぶところはある。でも、もしマラソンの神様がいるとしたら、ここで天狗になっていた自分にカツを入れたのでしょうか?

とにかく中1ヶ月で2回のフルはやっぱり私には出来ませんでした。最初からファンランに徹していれば、もっといい結果も出ただろうし、ほんとに楽しめたに違いない。
長野マラソンのあの応援をプラスにできなかったのはもったいなかった。

今回の結果が、次回以降のトラウマにならないように。また最初から作り直さなければいけない。とにかく、今回の結果を反省しつつ、次の目標に繋げていきたい。
そんな、経験値アップのとても辛い長野マラソンでした。

フルマラソン一般男子(グロス) 3時間53分00秒
フルマラソン一般男子(ネット) 3時間51分58秒
 総合順位(グロス)3979人中1611位 一般男子

最新アクセス:2019-01-17 02:55:32 / 7419

タグ:


Facebook
 
関連記事検索
::まさWeblog search for 第7回長野オリンピック記念長野マラソン
COMMENTS

ぱゆた さんからのコメント


masaさんの足跡をたどって、フルマラソンに挑戦したばかりの私には、今回の結果はある意味衝撃でした。
もちろん急に気温が上がったことなどの影響もあるのでしょうが、荒川を終始4:40台で駆け抜けた勢いで長野も激走されると信じていましたから。
本当に「マラソンの神様」が意地悪をしているとしか説明できないでしょうね。マラソン経験の浅い私には、かける言葉もありませんが、マラソンってこんなもんだと割り切って、次の挑戦のための英気を養うしかないのでしょうね。
本当にお疲れ様でした。

2005/04/18 17:16

shimo さんからのコメント


長野マラソンお疲れさま
この時期のフルマラソンは難しいなーて、私も思いました。
晴れれば急に気温が高くなり、雨になったらまた底冷えしますから。
3年ほど前に同じ日、霞ヶ浦フルマラソンを走った時は、前半暑くバテテいたら後半に雨が降り出して復活したことがあります。

フルマラソンは自分の調子もあるけれど、距離が長いぶん天候に左右されるようです。

次回、頑張ってください。

2005/04/18 19:07

アロハ幸満 さんからのコメント


やはり、記録更新を狙ってフルマラソンに参加するのに、1ヵ月は無理です。
できれば3ヵ月は経験的に知っています。
これに懲りずに、北海道マラソンに向けましょう!
ご家族の応援は有り難い!でもカッコヨイ時だけではなくて、ひたむきに努力するお父さんの姿を見せるのも感動するものです。
人生かっこういいだけでわないと・・

2005/04/18 19:23

旅するランナー さんからのコメント


続けて、フルを走るのは、やっぱり、難しいんですネ。
僕も、5月のプラハマラソンに向けて、気を引き締めなおそうと思ってます。
そういう意味では、まささんの貴重な完走日記でした。

2005/04/18 19:43

masa さんからのコメント


>ぱゆたさん
いやいや、まだまだ力不足ってことでしょうね。力がある人は何があっても、そこそこまとめられるでしょうから。

>shimoさん
天候の影響もありますよね。でも、たぶん天候的には、この長野は◎だったんですよ。お天気の性にできないのが悲しい・・(^^)

>アロハ幸満さん
「全然だめだったよぉー」と子供に言ったら「そういうこともあるよ」と逆に慰めてもらいました。はは。立派になったな>息子達よ って感じです。

>旅ランさん
気持ちは大事かも。でも、やることやらないと気持ちの乗れませんよね。そう思いました。

2005/04/18 20:39

chama さんからのコメント


お疲れ様でした。
今回の長野マラソンは(去年もか)暑かったですね。風もありましたし。あの条件では力が出せませんね。ということにして,次に頑張りましょう。

来年も長野マラソン,出ますか?
chama家エイドは来年も出します。ぜひ,よって下さいね。

2005/04/18 21:54

亀オヤジ さんからのコメント


お疲れさまでした。
masaさんの気持ち、よ~く分かりますよ。私も先日のフルは同じようなパターンでした。ラスト10km位はホント長かったですよね。
今回の事学習して(実は、コレが難しいのですが)お互いに次の機会に頑張りましょう。

2005/04/18 22:03

HIDE10 さんからのコメント


お疲れ様でした。
TVで観戦してましたが、結構みんな暑そうでしたし、1ヶ月で2戦は相当厳しいんですね。

来週の5kmが終わったら、しっかり暴飲暴食して、また次に向かって頑張りましょう(^_^)v

私も頑張ります(^_^)

2005/04/18 22:04

まったかいな~ さんからのコメント


お疲れ様でした。
ちょいとばかりタイムが目標に届かなかったようで、残念な気持ちがひしひしと伝わってきますね。
でも、これがマラソンぢゃあないっすかね。良い結果ばかり出せないから楽しいんですよ。きっとね。(^^)・・・ちょっと偉そうなコメントですね。すんまそん。

2005/04/18 22:22

「た」 さんからのコメント


ほんとお疲れ様でした。
まささんでもこんなになってしまうなんて、やっぱマラソンって奥が深いやぁ!ってつくづく思います。
私はちょっと故障してしまいましたが、まささんの頑張りを励みに、またコツコツと頑張りたいと思います。

2005/04/18 22:28

ヒロ児玉 さんからのコメント


はい!お帰りなさい。息子さんの励ましに元気貰ったみたいだから、気持ちを切り替えて駅伝は楽しく走りましょう!

2005/04/18 22:42

ネオス さんからのコメント


長野マラソンお疲れ様でした。
てっきりまささんの方が先にゴールしているもだと思ってました。
記事を読んでいると、試練のレースになったのが伝わってきます。
今回の距離表示、おかしいと感じたのは私だけでしょうか?

2005/04/18 22:45

masa さんからのコメント


>chamaさん

エイドで声をかけられなくてすいませんでした。来年の長野はまだ未定です・・。

>亀オヤジさん

ほんと42.195kmという距離のセッティングは走った人にしかわからない、非常に的を得ている距離ですよね。

>HIDE10さん

はい。その暴飲暴食が楽しみでここまできました。あと1週間です。(笑)

>まったかいなーさん

いや、残念という気持ちはここまで来ると全然ありません。むしろ爽やかかもしれない。
>「た」さん

うん。私が浅いのか、マラソンが深いのかはわかりませんが、とりあえずすごいやつです。

>ヒロ児玉さん

駅伝は楽しみにしています。駅伝で気持ちが切り替えられるかなぁ。

>ネオスさん

距離表示ですか。そんなの考察するタイムでは無いので・・(^^)
でも、調子悪くても3時間30分を切る、そんなネオスさんを尊敬します。

2005/04/18 23:58

ホアロハこじろう さんからのコメント


遠征マラソンお疲れ様でした。また途中で諦めずゴールできて良かったですね。
年中走っていると調子の悪い時もあります。次回はきっと上向きですよ。
来年こじろうは長野Mに参戦しようと思います。アドバイスよろしくお願いしますね。

2005/04/19 01:18

こうめ さんからのコメント


コメント遅くなりました。
勝負レースはやはり間をおかないと難しいですね。
私なんか年々その傾向が強くて、今年は、気合を入れるのは一つくらいにしようかと思っています。
体も気持ちも最高のペースを維持するのには、やはり時間も必要です。
次の目標に気持ちを切り替えて頑張りましょう~。

2005/04/19 08:02

navi さんからのコメント


まささん、こんにちは。
遅いコメントになってしまいましたが、お疲れさまでした。
「天国」から「地獄」といっても、余裕で4時間を切っておられるので、僕からするとレベルの高い苦悩だなあと思ってしまいました。
でも、ご本人にとってはいろいろと反省の多い、またフルの奥深さ、難しさなどを学習されたレースということなのでしょうね。
僕は同じ日に行われた「伊達ハーフマラソン」で、なんとか「北海道マラソン」の出場資格を獲得できました。僕の場合は、まささんの今回のタイムでゴールできたら、「やった、最高!」というレベルですが、8月に向けてがんばりたいと思っています。

2005/04/19 12:56

shobun@yoyogiRC さんからのコメント


まささま、今回のレースの模様も迫真、緊張、感激でした。なるほど、フルを重ねていくのは大変なことなのですねえ。末永く、これからも楽しんでいきましょう。赤羽でおあいしましょう!

2005/04/19 15:38

masa さんからのコメント


>こじろうさん
ぜひ来年挑戦してみてください。家族連れでも悪くないらしいですよ。

>こうめさん
そうですね。楽しいことは、時間をかけなくてはいけませんよね。今度のフルマラソンは秋(または冬)まで取っておきます。

>naviさん
北海道マラソン権利獲得おめでとうございます。ってことはnaviさんも4時間切れる実力ありってことですよ。夏、がんばってくださいね。

>しょーぶんさん
ってことで、心の傷癒えず、赤羽ではご迷惑をかけるかもしれません。よろしくね。(^^)

2005/04/19 22:33

小虫 さんからのコメント


う~ん。まささんが「撃沈!」てなってしまって大変切ないです。でも、私の中では、荒川を走った後の目がらんらんとしてるまささんのままなんですよね。じゃあ日曜日にね!

2005/04/20 01:32

masa さんからのコメント


>小虫さん
はは。その澄んだ瞳も、もうこんなに・・・。
では、日曜日!

2005/04/20 16:37

Add Comments

■Admin Area
© copyright 2004-2018 まさ ■