「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・ランニングする40才+α

::これは(たぶん)便利!
:: 最近のあれこれ








:: Navigation

ご協力ください
running 

wiki
みんなで作る
ランニング辞典






:. 整形外科に行く

ランニング日誌 || 2006/03/21 - 20:38 ||

 フルマラソンも終わり、ようやく気持ち的にも堂々と足を休められる状態になったので、壊した足を見てもらうために整形外科に行って来ました。

なかなか行かなかったのは、どうせ「痛くなるまで走るのやめましょう。」で終わってしまう気がしたからです。でも、その一方で実は悪性の何かで足切断とかいうのもある可能性が0.0001%くらいあるかもしれないし、家族も含めてとにかく行って来いという意見に後押しされて、重たい足を引きずって(ホントにびっこ引きながら)行きました。

医者へ
行ったところは、町じゃまぁ評判の医者です。なにをもって評判なのかはよく知りませんが、私も他のことで何度か世話にはなっています。

最初、診察前にどうしましたか?と看護師みたいな人から問診。「ここが2ヶ月くらい前から痛いんです。」と説明して、待つこと10分。では、レントゲンを・・・。

2枚くらい撮って再び待ち。ようやく、先生の元へ。

開口一番、
「痛かったら走っちゃだめでしょう。」(ごもっともで。)
「で、みんなちょっと痛くなくなるとまたやるんだよね。」(そのとおりで。)
「とにかく、しばらくやめなさい。」(やはりそうきたか。)

その後、レントゲン写真を見て骨は問題ないとか、ちょっと関節の隙間が小さいねとか、薬はこれを出しますからとか、治ったら筋トレもちゃんとしなさいよとか・・・・言われて・・・終了。

家に帰ってあらためて思い出すと・・・、おいおい、医者の前で患部すら見せてないぞ。明らかに、私みたいな人が多すぎて、診察が判で押したようになってるんでしょうか?

で、レントゲンとか診察料とかで2,200円也。痛み止めとか湿布いっぱいとかで1,140円也。

「悪性の何かで足切断とかいうのもある可能性が0.0001%くらいあるかもしれない」というのは全くわからず、とりあえず、しばらくは休足決定。



最新アクセス:2019-01-17 03:15:33 / 4474

タグ:


Facebook
 
関連記事検索
::まさWeblog search for 整形外科に行く
COMMENTS

「た」 さんからのコメント


やはり予想通りの結果.....というか応対でしたね。
よく言われる「スポーツ外科」だと、違ったのかなぁ.....

2006/03/21 20:54

まっち さんからのコメント


整形外科に限らないですけど、結局、診断された病名というかケガの名前って、あまり教えてくれませんよね。聞かないと。そんなのオカシイって思うけど。
で、僕が疲労骨折で行っているところは、走りたい気持ちを理解してくれた上で、レースの予定とか考えながら治療方針を決めてくれたので、そういう意味ではスポーツ整形のほうが親身になって考えてくれるような気がします。

2006/03/21 21:32

マカニ・トモ さんからのコメント


僕も、同じ様な経験を何度かしています。最近は、安く湿布をもらうためと割り切っていますね。

2006/03/21 23:47

shimo さんからのコメント


もっと患部に手を当ててくれるとか、話をいっぱい聞いてくれるとかして欲しいですよねー。

2006/03/22 07:43

shobun さんからのコメント


http://www.toshiba.co.jp/ho...

代々木RCに入る大分前ですが、ここの先生の「足底板」セミナーを聞きに行ったことがあります。だれでも経験する捻挫、概ねそれに起因する左右の足の長さの違い・ひざや腰への影響、怪我歴によるカラダ自体のバランス変化、などなど大変ためになった上、その場で志願して自分のカラダのバランスにあった足底板を作ってもらいました。歩きかたも変わって(周囲の聴講者から驚かれた!)いろいろ見直すきっかけになりました。ダマされたと思って行ってみてください。欲しいのは、対症療法では得られないコンサルティブアプローチでしょう。

2006/03/22 09:23

masa さんからのコメント


>「た」さん
スポーツ外科も行ったことありますけど、そんなに変わらないと思いますよぉ。骨折したとか靱帯切ったとかだと、リハビリ含めて効果あるかもしれませんけど。

>まっちさん
とりあえず、湿布を保険使って買ったんでまぁよしとしてます。(^^)

>マカニ・トモさん
そうそう。割安ですね。

>shimoさん
たぶん私みたいな人が多いんでしょうね。

>shobunさん
セミナーとかの方がテーマが事前にわかっていていいですね。

2006/03/22 22:20

yoshio715 さんからのコメント


はじめまして
自分も昨年夏に膝を故障し、痛いと自覚してから2ヶ月以上経ってから整形外科に行きました。
同じ様にレントゲンを撮って、同じ様に関節の間隔が狭い(軟骨がすり減っている)との診断で、関節注射を打たれました。
自分の場合は患部を温め(お風呂や温湿布)ることで痛みは改善されました。
お大事に

2006/03/23 00:47

マハロ菊池 さんからのコメント


赤羽駅伝まで1カ月間じっくり放牧+スクワット+フロントランジでもしてください。
だめなときは補欠がいるんで無理しないでくださいね。

2006/03/23 07:54

masa さんからのコメント


>yoshio715さん
いらっしゃいませ。
関節注射は大変でしたね。昔、おなじように関節で某医者に行った時は、そこまではやらなくていいみたい・・と勘弁してもらったことがあります。

>マハロ菊池さん
スクワットは私の患部には悪いんですよぉ。ってことで、放牧だけ。

2006/03/23 22:55

ふたりぼっち さんからのコメント


よくがんばった!エエ子や!
しばらく安静にさせてもらい^^>まささんの足

2006/03/24 09:49

masa さんからのコメント


>ふたりぼっちさん
ただ、甘やかすとすぐつけあがるんですよ。この足やろうは。

2006/03/24 21:49

ELB さんからのコメント


膝の故障は、膝を支える筋肉が足りない場合は発生しやすくなります。そのため、たまに自転車やったり、ハイキングしたりするのは(直った段階で)いいかも。

また、もういとつの原因は靴です。
9月にまささんは新しい靴で今までの無いところで豆が出来たのは気になります。
豆などがあると、無意識で変なピッチになって、膝を故障することあるからです。

2006/03/31 13:01

masa さんからのコメント


>ELBさん
靴の豆はもうできないんですけどね。

2006/03/31 22:45

ELB さんからのコメント


> 靴の豆はもうできないんですけどね。

実は、靴のセイかどうかを判断するのは、簡単です(リハビリ中は、もう×ですが):
その前の靴を練習に再び履くことです。
なかなか走りづらいと思ったら、靴でピッチが変わったということです。
一方、以前使っていた時と同じ快感の場合は、問題が有りません。

2006/04/03 07:48

masa さんからのコメント


>ELBさん
靴は4つ持っていて、どれでも感覚はたぶん変わらないと思いますねー。

2006/04/03 20:57

Add Comments

■Admin Area
© copyright 2004-2018 まさ ■