「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・
   
:: Navigation
前の 月
次の 月
月別あれこれ
:: Categories

<< 2009-10 >>
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 




2009/10/23>
AdWordsをやってみた2
(続きより)

さて、今回はクリック率というものを実験してみました。

目的のリンク先に対して、もちろん文字数の制限こそありますが、そこに誘導するセリフは自由に決めることができます。
前にも書いたように、私の主たる目的は「ジョギングシミュレータ」という表記を広告として表示することなので、とりあえずそれがクリックされるか否かは問題にしていませんでした。(それはクリックされた時に課金される予算に限りがあるからです。)
なので、広告には「ジョギングシミュレータ」と書かれていることが大事なのですが、クリック率を上げるというのを考えると、必ずも名前を載せる必要は無く、むしろ「なんだろう?」と思わせる要素を載せた方がいい場合があります。

また、同じ「ジョギングシミュレータ」の表記でも、それを説明する文章に期待感を持たせる方がクリック率の向上を期待できるような気がします。

ということで、次のような3つの広告パターンを用意し、実験てみました。

アドワーズ


aはデフォルトの通常広告です。
bは「無料」とか「不要」とかいうキーワードを追加しています。
cは何のサイトかわからないキャプチャーになってます。「君もできる」って・・(笑)

で、これらの3つのクリック率ですが・・・
a・・・0.08%
b・・・0.10%
c・・・0.11%
でした。おのおの広告の表示回数は1万回以上なので統計的には3つを比較することはOKだと思います。
やはり、一番クリック率が高いのは、何か期待感があるc。次ぎにおいしいキーワードがあるbですね。

このように、表現ひとつで広告に対する反応が変わるのはおもしろいですね。

その他、GoogleAdWordsはいろいろな設定ができ、表示広告に対してカスタマイズが可能です。表示するサイトも制限することができます。
ぜひ広告表示をしたいサイトを指定したり、逆に表示したくないサイトを設定したり・・・。

実際、広告を表示しようと思うと自分の意図しないサイトに表示されることもあります。それはキーワードを自分で選ぶ際に、必ずしも自分が考えるようにGoogleは自動で考慮しないからです。
私の場合はキーワードのひとつとして「地図 測定」とか設定したりもしたのですが、ドラクエの宝の地図を表示している攻略サイトにいっぱい広告表示されたりしました(汗)。さすがにそれはターゲットが違うのではずしましたが・・・。
あと、同じドメインであれば広告表示はさすがにされないのですが(例えばジョギングシミュレータであれば42.195km.net上では表示されない)、このブログであるmasa.moto84.comではしっかり表示された履歴が残っていまして、これももちろん除外サイトにしました。

てなわけで、なかなかおもしろくGoogle社の収入のある側面を知ることができました。とにかくよくできているのは、自由度の高さですね。
そこらへんの利用者視点に立っているところは、さすがベンチャー上がりというか、いまだにベンチャースピリットを持ち続けているのかなぁというのを感じましたね。これからも小回りの利く会社であり続ければ、おそるべし「Google」の時代はしばらく続くのではないでしょうか。

[Read More!]

00:03 ||

2 comments


2009/10/19>
AdWordsをやってみた1
GoogleAdWords。つまり、このサイトの右の方に出ているGoogleの広告リンクですね。これの掲載権を5000円分お試しってことでもらったのでいろいろとやってみました。
簡単に説明すると、Googleっていうのは、広告主を募るにあたって、広告を出したい企業(人)が、キーワードおよび予算を設定して、そのキーワードおよび予算がマッチしたサイトを提携のWEBやGoogleの検索画面に表示します。そしてその広告がクリックされると、広告主からお金をもらって、(相当の手数料を取ったあとにw)広告表示先に掲載料を払います。(ちなみに予算が大きい方が掲載されやすいです。)
Googleは広告が表示されるべきサイトのキーワードを自動的に検索してそれにマッチした広告を掲載するのはご存知のとおりです。また、Googleの検索ページでは、検索したワードにマッチした広告がちょこっと表示もされますよね。

で、私のサイトのこの右のような広告が表示されているのは、その(相当の手数料を取られた後のw)広告表示先契約をしているからなのですが、今回は逆に広告を掲載する方になるわけです。

とはいえ、(もらった)予算は5000円なので、そうそう湯水のように広告を出すわけにはいきません。
というか、なんの広告を出すのよ?というところでしょうが、今回「ジョギングシミュレータ」ページへのリンクにしました。本来だと、なにか売ったり会員登録して(最終的には売上につなげるんでしょうけど)もらったりするサイトにリンクするんでしょうけどね。5000円かけて「ジョギングシミュレータ」のページに来てもらってもほとんど利益は無いので経営戦略的にはこれはよくない例ですね。でも、5000円はもらい物だしいいのです。

アドワーズ広告
でも、単純に「ジョギングシミュレータ」サイトへのリンクを進めるのではおもしろくないし、私としては、広告が表示されることによって、その広告を見た人に「ジョギングシミュレータ」という言葉が刻み込まれる効果を狙いました。(←なんじゃそりゃ。)
つまり、予算が決まっている以上、1クリックいくらでくるわけですから、クリックされる数は決まっているんですね。だから、クリックより表示されることを目的としたのです。なーんて、えらそうなこと書きましたが、ようは広告に「ジョギングシミュレータ」の文字が出るようにしたってだけです。

うーん、ちょっと説明下手ですね。つまり、リンク先が「ジョギングシミュレータ」でも、その広告には別に「ジョギングシミュレータ」って文字を含む必要ないんですね。ほら、右の広告も直接商品名書いているの少ないでしょ?つまり、クリック率を上げるには、なにそれ?って興味を惹かせる書き方がいいようなんですね。(これはまた別の機会に)

でもね。さっき予算が大きいほうが掲載されると書きました。たった5000円じゃそれこそ数回しか掲載されないんじゃないの?ということになりそうですが、いえいえキーワード次第ではそうでもないんです。

これはGoogleAdwords内でシュミレートできるのです。つまりキーワードを何にすると、クリック単価(広告代)がいくらになるかの予測が立てられます。

いろいろな予算によって下記の値は変わっていきますが、例えば
マラソンというキーワードは平均クリック単価が16.93円から71.43円。
地図は76.15円から431.68円。
ダイエットにいたっては122.44円から500.00円と出ました。

でも、キーワードは2つ以上組み合わせてもいいんですね。たとえば、
ダイエット ジョギングという組み合わせは91.79円から115.41円になります。

とてもじゃないけど、こうやって組み合わせたキーワードを作成しないとすぐ予算が無くなってしまいそうです。私的には、こんな感じでキーワードの組み合わせを行ってとりあえず、毎日の予算200円。クリック単価上限20円という設定でしばらくやってみました。

で、現在までの結果。

クリック数306 広告表示数355,417 利用金額4157円。(初回に広告開設費用として500円別途取られました。)

クリック数は別の機会に譲るとして、「ジョギングシミュレータ」広告が約36万回表示できたことは驚きです。まぁ、その効果があるのかどうかは別なのであくまでも自己満足の範囲ですけどねw。

つづく

[Read More!]

22:57 ||

4 comments


2009/10/04>
ジョギングシミュレーター 紹介ビデオ
ジョギングシミュレーターの紹介ビデオを作ってみました。といっても、Clipgeneratorというサイトを利用してほとんど手をかけず作成したんですけどね。

画像データを揃えて、あとはテーマ音楽を選ぶだけ。まぁそれだけで作ってくれるので、逆に微調整とかはできません。でも、それはそれで全て自分でレイアウトするより、おおこんなの出来た!っていう感激もあるのかもしれませんね。



または、ここから

23:34 ||

2 comments


2009/10/01>
今回の雑誌ターザンはRUN特集ですが
ターザン
数年前はよく買っていたターザンですけど。今回、Tarzan (ターザン) 2009年 10/14号 は久しぶりに購入しました。特集は「秋から始めるランニング!」
もう初めているランニングですが、フォームを理論的に記述していたり、おすすめのランニングコースが載っていたり、秋冬シューズコレクションが載っていたり・・・。まぁこれらの記事もいいのですが、実は購入した理由は

『距離がわかれば走力がわかる。私的ランニングコースを作ろう。』という特集記事の一部にジョギングシミュレータが紹介されているからでした。

って、1/2ページくらいなんですけどね。一応、電話でちょっと担当者と話しをした内容が文面になったりしているのですが、ならもう少し考えて話せばよかったかなという感じか。それと、作者を「マサ」さんと表現しているのですが、「まさ」ですよね。これは電話では伝わらないですねー。まぁつまらないことですけど。

で、ぜひ立ち読みでもと書いても、読んでくれる人そんなにいないので、実はここから読むことができます。

ではでは。

21:39 ||

6 comments


■Admin Area
© copyright 2004-2019 まさ ■■■