「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・
   
:: Navigation
前の 日
次の 日
月別あれこれ
:: Categories

<< 2006-11 >>
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   




2006/11/04>
マラソン専用列車「かりん湖ラン太号」
ラン太号
 諏訪湖マラソンの案内を見た時に目に留まった「マラソン専用列車走らせます」の文字。おお、なにか楽しそうな予感。諏訪までは遠いけど、専用列車があるなら利用してみようか・・諏訪湖マラソンをエントリーした理由にこれがあったことも事実です。

で、マラソンエントリー後、列車の予約を取ろうと思いよくよく見てみると、「新宿発5時半」。早いなぁと思いつつとりあえずネットの時刻表検索で朝何時に家を出なければいけないのかと調べてみると・・・。

そんな朝早くには新宿にはたどり着けない!

ことが判明。地元駅の始発電車に乗っても、朝5時半には新宿に到着できないのです。なんてこったい。

じゃぁと他の交通手段を考えます。まず、
この専用列車以外の特急を利用する場合・・・スーパーあずさ1号では当日エントリー時間に間に合わず
高速バスを利用する場合・・・
やはり朝一番のバスでもエントリー時間に間に合わず
残る手段は車か前泊か。

うーん、困ったと思い再度「ラン太号」の時刻表を見ると
立川6:10とあります。もしかしたら・・・、再度時刻表検索すると、反対周り(都会まわりでなく武蔵野線を使うルート)で行けば、自分の駅のとなりから出る始発に乗れば間に合うことが判明。となりの駅まで、自転車か何かで行けばどうにかなりそうです。ということで、「ラン太号」利用を決定です。

この専用列車。利点は多々あります。まずは安い。立川乗車で往復6000円(新宿は7200円)。特急あずさですと、片道で5550円しますから、約半額です。
チケット
チケットはせこいです。(笑) 手書きです。ちなみに1度もチェックされませんでした・・・。

席は全席指定。座っていけます。といっても、乗車率は目分量で65%くらいでしょうか?2×2の座席ですが、たいていは一人で2つの席を使えます。運が悪いと相席ですが。

また、この専用列車のウリは、車内でゼッケンが配られるという点です。係りの人がわざわざ席まで届けてくれます!席で引換証と交換できるのです。
また、着替え用の車両まで用意されています。(もちろん男女別。)空いている車両をまるまる2両分設けてそこを使わせています。
ですから、駅到着後、指定の場所に指定の時間までにゼッケンを取りに行くという必要がありません。というより、ゼッケンをつけたウェアを着たまま、スタート地点に向かえるという訳です。

朝、早いというデメリット(?)はありますが、乗ってしまえば爆睡もできます。乗車時間は新宿からだと約3時間20分。立川からだと2時間40分。食事をして、一眠りするにはまぁまぁの時間です。あ、ちなみに新宿・立川以外では八王子に停車します。

そんなこんなで便利な列車ですが、若干、マイナス面もあります。まず、車内販売はありません(笑)。ですから、食べ物・飲み物が持参しないと、数時間の間、ひもじい思いをします。
車両はボロイです。「昔の特急」です。好きな人にはたまらないのかなぁ・・・。
帰りは上諏訪15時30分頃の出発です。マラソンは12時前にはゴールをしてしまうので、温泉に寄っても少し時間を持てあましてしまうかもしれません。
また、さすがに行きではありえませんが、帰りはグループによる宴会が車内でおこってしまうケースがあるようです。そんなグループの近くの席になってしまったら、ちょっとブルーな気分になるかもしれません。

ともあれ、行き・帰りとものんびりできて、寝ても・飲んでても連れていってくれるし、ゼッケン他の心配もないしでなかなかいい専用列車でした。とにかく、乗ってしまえばベリーグッド。ただし、乗るまでがちょっと遠くに住んでいると大変・・・っていうやつでした。

[Read More!]

21:26 ||

6 comments


■Admin Area
© copyright 2004-2019 まさ ■■■