「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・
   
:: Navigation
前の 日
次の 日
月別あれこれ
:: Categories

<< 2009-03 >>
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     




HOME > 月別あれこれ > 2009-3-
« 2009-03 | 2009-03 »
2009/03/23>
第3回東京マラソン
東京マラソン
今年は昨年の2月中旬とは違い、3月4週目の開催。すでに東京では前日に桜の開花宣言でており気温的には暖かくなる予感。実際、最高気温が17度。
しかし、逆に冬の安定した気候とは別に雨風に悩まされた大会となった。

また、都合13回目のフルマラソンになるんだけど、まだまだ勉強するところが多いなぁと感じたのも今回の大会。というのも、前々日・前日とカーボローディングと称して食事を取りまくり。それはいつものことなんだけれども、いつもは快調にお通じがあるはずがなかなか出てくる様子なし。
当日、朝も全然だめ。まぁ経験上、スタート前のアップとして体を動かすと、もようしてくることはわかっているので、今回は早めに会場に到着してトイレが混まないうちに早めのアップ→トイレというタイムテーブル。
ここまでは思うようにことも運んで、スタートまで隣に座っていた人とおしゃべりをする余裕も。

で、今回は、春マラソンを意識してランパンランシャツで参戦。上に着ていたジャンパーを脱ぐと寒い寒い。あれ、おしっこしたいぞぉ。そう、あまりにも早くトイレに行ったので、また膀胱に溜まっちゃっていつもは2回も行かないトイレに行きたくなってしまったのだ。ところが、時すでに遅し、トイレは長蛇の列。スタート移動タイムまでもう時間もないし、トイレはあきらめることに。
スタートまでの20分近く。気温は上がらないし、トイレは気になるしで、ちょっとブルーだったけどそこはそう徐々に盛り上がる廻りの雰囲気に呑まれて、今年も素敵なスタートの号砲・花吹雪とともに定刻スタート。Bブロックだったのでロスタイムは1分半くらい。

スタート地点は一般の人は入れないので応援はない。が、スタート数百メートルで一般道に出るといきなり応援の嵐。おぉこれぞ東京マラソンか。
1km地点までは混んでいるけど、靖国通りに出ると8車線使えるので自分のペースで走れるようになる。全体的に下り基調でもあるし、いい風も吹いていて、いい感じで最初の5kmを25分11秒(5:33-5:00-4:52-4:56-4:50)。ちなみに今回のターゲットタイムは前回の東京の3時間34分を上回ること。もしできるなら3時間30分を切りたいけど、最悪は3時間40分を超えない。キロ5分を切り続ければ3時間30分は切れるんだけどね。

ちなみにここらへんの途中トイレは結構並んでいるもよう。もう少し我慢できるのでしばらくこのまま行き、空きだしたら行こうと決める。
飯田橋から日比谷公園に向かうルートは徐々に進路が南に向かうので、風もときおり前から吹くけど全然気にならない。むしろ体を冷やしてくれるのでいい感じ。(もうこの時点でランパンランシャツでも全然寒くないし。)
10kmエントリーの人達はゴールの日比谷公園。その横をすり抜け10kmポストは24分21秒(4:47-4:48-4:55-4:57-4:54)。結構快調。キロあたり5分も切れている。

東京タワーを過ぎたあたりからは、第1折り返しのトップランナーとすれ違い。その後、徐々にすれ違いランナーが増えてくる。風は基本向かい風のようだけど、この時間帯ではまだ強くない。「全然気にならないものねー」とか思いながら15km。24分23秒(4:56-4:51-4:50-4:53-4:53)。そして折り返し。風は逆になるはず。

しばらく忘れていた尿意。トイレ看板を見たら急に思い出す。ところがそのトイレは気づいた時には後方に通りすぎてしまった。でも、もう全然空いているようなので、次のトイレに寄ろうと決意。そう思うと妙に気になるもので、でも、きっと用をたしたら軽くなってロケットスタートになるんじゃないかとか期待しながらトイレを探す。と、その前に20km。24分34秒(4:56-4:54-4:53-4:56-4:55)。

トイレタイムは約30秒くらい?一度、沿道の外に出るのですが、ロードに戻る時、係りの人が「ランナーが出マース」と応援の人をどけてくれる。ちょっと恥ずかしい。
このロスタイムがあったので、また5分を切り続けないと3時間30分は難しいなぁ。はたしてこのロスタイムがどれくらい影響するのかと思っていたけど、ちょうど中間点の時点で1時間45分を切っていた。まだ目が十分ある。トイレに行って体が軽くなったという実感は全然なかったけどw、心配事がひとつ減ったのでよし。
銀座の交差点を曲がると第2折り返しの浅草へルート。ところがそろそろ足が重くなってくる感じが・・。24kmのところで初のキロ5分超え。やばいと思ってちょっとがんばって4分58秒に次の1kmは戻す。25km通過はトイレロスもあったので25分22秒。(5:30-4:56-4:56-5:02-4:58)

ところが次の1kmはまたまた5分オーバー。再度4分台に戻すも以降5分は切れなくなる。雷門の折り返しはちょうどコース2/3の28km付近。ちょっと疲れてきてるけど、この大会があと1/3で終わっちゃうんだとポジティブに考え気持ちを保つ。30km、25分08秒(5:05-4:58-5:02-5:01-5:02)。

ちょうどここらあたりから雨。しかも本格的な雨が降ってくる。風も前から結構強いのが時折吹いてくる。
でも、30kmの壁でガクっと足にくることはまだなし。とはいえ、ラップは徐々に悪くなってくるので疲れは出てきているのだろう。しかし、雨・風でランナーも大変だけど、ボランティアはもっと大変。こっちは走っているけど、彼らはこの中寒いだろうなー、大変だなぁと思いながら水を受け取る。ありがたいことです。
35km。25分32秒。(5:07-5:06-5:10-5:06-5:03)。うーん、ここらへんで3時間30分はあきらめ。

なにぶん、相当、疲れてきた。足が他人の足のようにガチガチに痛くなるようなことはないんだけど全体的に重いっていう感じ。そしてここからいくつもの橋のアップダウンが出てきて、精神的にも辛くなる。天気は30km地点の雨も一時的に止んでいたが、この頃からまた振り出す。風も強くなり、とても帽子をかぶっていられる状態では無し。こんな天候でも応援は多い。でも応援の期待に応えられるような走りが徐々に出来なくなってきている。苦しみながらの40km地点。26分39秒。(5:18-5:15-5:21-5:21-5:24)。

しかし、主催者は良く考えている。ここからボランティアの数もさらに増え、沿道にずーっと横に並んでランナーに声援をかけてくれる。最後の2km。いつものようなラストスパートは出なかったけど、気持ちよくゴールイン。最後の2.195kmは11分27秒(5:17-5:11-0:59)。
結局、ネットで3時間32分40秒。でグロス3時間34分02秒だった。

去年のタイムがグロスで3時間33分50秒だったので、まぁヨシとしようか。前半は去年より早く、後半は遅いという結果だった。たぶん、風の影響も強く、前半追い風・後半向かい風って感じだったのでしょうか。

いろいろなところで皆が書いているので改めて書くのも何だけど、この大会は選手のみならずボランティアそして沿道の応援あっての物だと思う。1日経って、TVとかは結構ボランティアに目を向けて放送していたようで世間的も彼らあっての大会というのが理解してもらえると嬉しい。また、交通規制云々の批判的な話も最初に比べて随分減ったような気もする。
ランニングブームの火付けとなったと言われる東京マラソン。さて、来年は、それ以降はどうなっていくのでしょう。4年目ということでマンネリ化するのか、それともさらなる盛り上がりを見せるのか。主催者の苦労は続きますね。

マラソン男子(グロス) 3時間34分02秒
マラソン男子(ネット) 3時間32分40秒

マラソン男子順位(グロス)22798人中2578位
マラソン男子40-44歳順位(グロス)3603人中478位
マラソン男女総合順位(グロス)29109人中2841位
マラソン男女総合順位(ネット)29109人中2911位

[Read More!]

20:55 ||

10 comments


■Admin Area
© copyright 2004-2019 まさ ■■■