「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・
   
:: Navigation
前の 月
次の 月
月別あれこれ
:: Categories

<< 2007-06 >>
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 




HOME > 月別あれこれ > 2007-06
« 2007-05 | 2007-07 »
2007/06/27>
でかいテーブルワインをゲット
 最近、梅チューハイもいいかげん飽きたので、テーブルワインをよく飲んでいます。四角い段ボールのケースに入っている2500ml、1600円くらいのやつです。うーん、お得ぅ~。味は、値段なりではありますが、一ビン開けちゃうと、最後まで飲んじゃうので、こういうタイプは気持ちよく止められるのできっと肝臓にもいいはず。(でも、意外と飲んでしまうのですが・・)

で、今日、○○市のイオンを散策していると、いつものワインの隣にひときわでかく陣取る箱を発見。な・なんと、2倍の5リットル!値段もお得に3000円弱。なによりも、その大きさに惹かれて思わず買ってしまいました。さすがに、1つだけ。2つは重くて買えません。(^^)

5リットルワイン
じゃーん、これが、そのビックテーブルワインです。左隅に光る「5」の字。5リッター!!
うちの奥さんは1ヶ月かけて飲みなさいとか言っていますが、そこまではもたないでしょう・・。しかし、蛇口から水のように出てくるだけに、逆に量がセーブできるか危険ですね。

ちなみに、右下に映っているのは、近所を走る国際興業バス。バスに比べてこの大きさ!!(って、ミニチュアだよ (-_-;))

22:16 ||

7 comments


2007/06/25>
トレッドミルの精度
トレッドミル
 私の通っているジムのトレッドミルが先日新しくなりました。何年かに1度は償却が終わるのか入れ替えがあります。今までは古いタイプのAとまぁ新しめのBがありましたが、今回の入れ替えでAは無くなり、Bの一部と、新しくCがずらっと入ります。

新しくなって確信したのですが、トレッドミルの機種によって感じる負荷が同条件でも全然違うということです。同じBとかC同士だと、個体差は全然感じないのですが、A/B/Cをおのおの同じ負荷表示(例えば時速10km・角度2%とか)で走り比べると明らかに違います。で、それは偶然なのか、新しい順に、負荷を感じる(きつく感じる)のです。

この手の機械というのは、年月が経つに従って、モーターの回りが悪くなるのか、角度が甘くなるのか知りませんが、だんだんゆるくなるのでしょうか?それとも、新しい奴が元気よすぎるだけ??
別にトレッドミルって、厳密にJISとかで精度を合わせこまれているわけではないでしょうから、目処でいいのでしょうけどね。でも、同じ機種(年代)のやつ同士だと、どれでも同じように感じるから、やっぱ機種の差なんですかね?

ちなみにどれくらい違うように感じるかというと、同じスピード表示だと、角度が3%と5%が同じくらいです。

やっぱりトレッドミルは目安なんだねー。

00:07 ||

8 comments


2007/06/19>
営業権を譲渡するという話
 突然ですが(自分の中では突然でも何でもないのですが・・)、うちの会社の営業権を某社に譲渡とすることになりました。期日は今月末。一部営業権でなく、全ての営業権ですから、実質、今の会社はクローズすることになります。

譲渡
この話は、昨年末くらいから進められ準備をしていました。先日、ユーザーに対しても本件に対する挨拶がでましたので、ここでも公開させていただきます。

基本的に従業員は、譲渡先の会社にそのまま移るのですが、私の場合は一応マネージメント側なので、残る方の人間です。とはいえ、今月いっぱいでとりあえず退社。で、1ヶ月は粛々と残務処理を行います。

これから先の再就職等については、まだ白紙ですがいくらなんでも、餓死するようなことはないでしょう。

今、その譲渡の実務作業やその他いろいろこなさなければいけないこと、てんこ盛りで、ブルーな気分になる暇もないというのが現状です。

ともあれ、このブログももちろん続けていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

(この記事に関するコメントはできないようにさせていただきます。コメントの返信等でブログでは書けないこともあるかもしれませんし・・・。お問い合わせ他はメールいただければ幸いです。)

21:55 ||


2007/06/16>
PCJapanにジョギングシミュレーター掲載
PC Japan
 6月13日発売のソフトバンク発行PC Japanというパソコン雑誌の特集「ツール系Webサイト(秘)活用術」内、ジョギングシミュレーターの記事が掲載されました。(P.29)

特集はいくつかのパートに分かれていて、”PART2 ルート検索や距離測定ができる地図サイトを利用する”というところに紹介されています。400字ちょっとの記事と別枠にサイトショット+コメントといった感じ。まぁ量としてはまずまずでしょうか。

以下少し引用すると・・・



記事
 「ジョギングに利用するなら、Googleマップを利用した「ジョギングシミュレーター」が便利だ。ジョギングをするときに気になるのが高低差で、上り下りの坂があると、同じ距離でもかなり疲れが違う。ジョギングシミュレーターはこの高低差を知るための機能が用意されている。(中略)なお、このサイトにはユニークな機能として、「起点に戻るには」機能がある。これは、googleトランジットと連携し、ルートの終点から起点までを、公共の交通機関と徒歩で早く戻れるルートが調べられる機能だ。行きはジョギングをし、帰りは電車で帰るといった場合に役立つだろう。」

とありました。私としては、うーん、googleトランジットとの連携とかを取り上げるかぁ・・・(^_^;)って感じでしょうか。おまけ程度で付けたのですが、まぁ見る人が見ればウリなんですね。

で、劇的にアクセス数アップがあったかというと特になし。出て間もないっていうのもあるかもしれませんが、基本的にこの雑誌の読者層とアプリケーションがマッチしないのかもしれませんね。(^^)

[Read More!]

21:46 ||

3 comments


2007/06/13>
Wiiやわらかあたま塾
wiiやわらかあたま塾
 wii専用ソフトであるWiiでやわらかあたま塾を購入しました。
最近CMでもやっていますが、タイトルどおり、いろいろな問題を通して頭をやわらかくしましょうというゲームです。

操作はいたって簡単。コントローラーを画面に向けて、答えを指してAボタンを押すだけ。BボタンやXボタンや・・・という複雑な操作は一切ありません。ですから子供からお年寄りまで家族みんなで簡単に遊べます。
画面の表示もマイルドに出来ているので、抵抗なく入れますし、問題も簡単なものからスタートし、自分の実力に合わせて難しくなってくるパターンです。

最初やってみた時は、げぇーこんな成績!というのが出ました。でも、やっているうちに慣れも出てくるのでしょう。やわらかあたま度は確実にあがります。これで、私の老化防止や、子供の成績アップに結びつけばいうことはないんですけど、世の中そんなには甘くないでしょうけどね。(^^)

とはいえ、みんなでぎゃーぎゃー言いながらやるにはいいゲームではないでしょうか?wiiも"ファミリー"コンピュータなんですしね。

23:20 ||

2 comments


2007/06/10>
ぼくのわたしの勇者学
勇者
 うちの子供たちの愛読書は少年ジャンプ。私はたまに見ても「こち亀」くらいしか読まないのですが、どうも子供達は彼らの感じているジャンプのおもしろさを親にも伝えたいらしくって、今度新連載だからこれ読めとか言ってくるわけです。
じゃ、どれどれって感じで読み始めたのが「ぼくのわたしの勇者学」。ギャグマンガです。

突然、新任の先生がやってくる。彼の担当教科は「勇者学」。生徒を勇者(?)にするらしい。
勇者っていうのは、いわゆるTVゲームとかに出てくる勇者ですね。選ばれた者が悪と戦う、あの勇者です。
生徒は冷めているんですが、そんなのお構いなしに勇者になるための授業は続いていきます。

っていう設定もめちゃくちゃでおいおい・・・という感じなのですが、意外とおもしろい。短編かなと思わせるほど、第1回から飛ばしていてこの先どうなちゃうんだろうと思いましたが、なかなかどうしてまだ連載が続いています。

ということで、子供の薦めでちょっとはまって毎週見ているのですが、当の彼らは、作品としてはイマイチらしい。うーん、そこらへんの笑いのギャップが、なかなか埋まりませんねー。ボボボーボよりいいと思うんだけどなぁー。

まぁ皆さん、床屋にで行ったら見てみてください。

21:44 ||

10 comments


2007/06/07>
スペース・マウンテンがリニューアル
 我が家ってなんだかんだいって、年に1度はディズニーランドに行っています。で、今年も先日の月曜日に行ってきました。長男は修学旅行で不在だし、次男は運動会の振替休日。でも、月曜日って同じような理由で来園する人が多くて、たぶん平日の中でも一番混んでいるんじゃないでしょうかね。やっぱり今回も混んでいました。

スペースマウンテン
タイトルにあるように、なんでもスペースマウンテンが4月末にリニューアルしたそうで、それを確かめにいくのも今回の目的のひとつ。このアトラクションは開園の時からもう24年くらい乗り続けていますからね。たしかに、最近、もうレトロな風貌だよなぁーと思っていたところです。

さすがに、リニューアルっていうだけで並ぶ人も多し。去年行った時は最長でも60分待ちくらいでしたけど、今回は90分とか100分の表記がありました。我々はとりあえず、ファストパスをゲットして午後の部にまわしましたけど。

で何が変わったのかというと、キャストの制服やロゴ・・。まぁこれはあまり関係ないよなぁー。その他途中に掲示してあったコカコーラプレゼントツのビデオとかが現代的になってます。(^^)
そして一番の変化は、乗り場のデザイン変更ですね。コースター乗り場の上にぶら下がっていた昔のロケット(?)(TDL-2000号)はもうありません。それが、今っぽいデザインの物に変更されています。イメージ的には、初期の新幹線ひかり号が、最新鋭の流線型新幹線になったような感じ。
あとは、宇宙空間に打ち上げられる際の、まわりの景色や雰囲気・シチュエーションが変わっています。

コース自身は代わっていないそうなので、飛び出してしまえば一緒のようですが、その前段階で「スペースマウンテンは変わったよ効果」が刷り込まれているので、なんかスピードが増して迫力がアップしたように感じました。
ディズニーランドもシーも、映像や人形の巧みさで、ものすごくワンダーな空間ですけど、このスペースマウンテンみたいなストレートな乗り物はある意味貴重で、やっぱりこれからも絶対乗ってしまうアトラクションだなぁ。

21:01 ||

7 comments


2007/06/04>
第16回「飛翔」千葉ウルトラマラソン
2007年6月3日 千葉市幕張新副都心 60km

飛翔千葉
 ウルトラ100kmマラソンへの第1ステップにすべく、「飛翔」千葉ウルトラマラソンにエントリー・参加してきた。結果は、40km手前で棄権。フルマラソンにも満たない距離でレースを終えた。

当日、受付は7時から7時45分までに海浜幕張駅から徒歩10分程度の浜田川緑地にて。うちからだと、電車で意外と時間がかかり6時前の電車に乗る必要がある。しかし、ほとんど人の乗っていない車両でうとうとしながら、現地着。今年から、要回収となった、新品のゼッケンを受け取りランシャツに装着する。

飛翔千葉ウルトラマラソンは浜田川の周辺の公園緑地を周回する。1周3.4km。最初に距離調整で2.2km走って、3.4km周回を17周で、計60kmだ。
準備運動もそこそこに、スタート時間。天気は快晴。焼けそうな1日。8時ちょうどスタートだ。

スタート後は、走友のpayutaさんに併走いただく。なにせ、初めてのフル以上の距離。ペースがわからない。じゃあキロ6分くらいでいきましょうということになりついていく。確かに自分自身でも、あまり遅いのは、フォームも変わってしまい後々逆に苦しむ気もするので、それくらいがいいような気がする。

ところが、朝イチというところか、8時といえども日差しの強いせいか、どうも体が重たい。あまりいいスタート状態とはいえないようだ。
とはいえ、どういか5kmくらいを越えたあたりから、足が出るようになってくる。1km6分くらいということだったが、流れに任せたペースで5分30秒くらいに上がる。まぁ、それもよしとする。

給水は2箇所。給食・給水(水・他いろいろ)のゴール地点近くと、その反対側の給水所(水のみ)。4周目くらいからメインエイドで休憩を入れる。最初、ドリンク一口が、それプラスフルーツ。それともう一杯・・・とかで、休憩タイムが30秒くらいから2分以上になっていく。また、反対エイドでも水休憩を入れる。payutaさんと別れてから、そんな風に少しずつ、ピットイン時間が増え続け、なおかつ周回も徐々にキロ6分に近づいていく。

6周目くらいで、右足裏が痛くなる。うーん、なんだろう。まぁそのうち痛みも引くかなぁと思い、続ける。
途中でトイレに寄るが、その時、ランシャツランパンが汗だらけであることに気づく。思いの外、気温は高く、相当汗をかいているようだ。まぁ給水はちゃんと取れるので脱水とかの心配はないが・・・。

足裏はあまりよくはならない。今回、レースに使うのは初めてのオニューの靴。でも、先日玉川上水LSDで40km以上は試しているから、これのせいでもないと思うのだけど。試しにシューズに水をかけて水冷を試みるが効果なし(^^)。そんなこんなで、半分の30km通過。あと、半分かぁ・・・。気持ちが凹む。

1周3.4kmというのは、実は今どれくらい走っているのか計算しずらい。たぶん、この1周が終われば40kmという周回。足裏の痛みが大きくなってくる。このまま走ってもっと悪くしたら・・という囁きが聞こえる。
「やめちゃえば?やめちゃおうか。だって、本当に痛いじゃん。この状態であと20kmなんて絶対走れないよ。なら、ひどく成る前に止めたほうがいいよ・・・。」

そこまで悪魔の囁きが聞こえると、あまり悩むことなく、足が止まりウォーキングに。リタイヤ宣言できる周回ポイントまでは2km。とぼとぼと進む。後ろから首筋に当たる日差しが痛い。暑いなぁ・・。
さっき抜かして来たランナー達に抜き返される。みんなすごいと思う。おい、自分は情けなくないの?うん、だってしょうがないじゃん。

結局、12周で終了。39.6km。あと1周すればフルマラソンを越える距離だったのはわかっていたけど、とにかくおしまい。ゼッケンをはずして、靴を脱ぐ。

着替えて、走っているランナーを尻目に、その場所を離れる。途中で食事をして、家について時計を見る。まだ、走友は走っているだろうか?ゴールしただろうか?そんな時間。

リタイヤは初めて。でも、全然悔しくない自分が悲しい。今までなら、情けない自分に腹も立つはず。それが無い。燃えてないの?真剣じゃないの?そんなのでいいの?
足の状態もちょっと不安だけど、それ以上に、これからの精神的な壁になるような気もする。

さて、これから100kmマラソンに向けて、そう楽ではない挑戦であることはわかった。でも、鍛えるのは足と精神力?

ふぅ。


[Read More!]

23:10 ||

15 comments


2007/06/01>
5月のあれこれ2007
 5月の走行距離。約344km。実は5/26の時点でだいたい300km達成したので、もうすこし行けるかなぁと思ったのですが、月末はバタバタがあって伸びませんでした。とはいえ、去年の12月ぶりに300kmオーバー。今年初です。

千葉
いつかはわからないウルトラマラソンに合わせて、先月あたりからあまりスピードは気にしないで距離を稼ごうモードに入っています。私の場合、月曜が休みなので、月曜に雨が続くと距離が伸びませんが、5月は天気には恵まれていました。そんなこんなで、まずまずの距離を踏めました。

さて、週末は「飛翔」千葉ウルトラマラソン60Km。60kmでウルトラって言うナーっていう人もいるかもしれないけど、私に取ってはフルマラソン以上の経験はほとんどないので、ちょっとドキドキ。いったいどんなペースで進んでいったらいいのか?長丁場であることは間違いないので、フォームを崩して、ぼろぼろにならないように気を付けます。
そういえば、60kmも走るのにカーボローディングってしていなかったなぁと気づきました。まぁ給食もまずまずとあるのでいいのかもしれないけど、ちょっとレース前の緊張感が足りないのか準備不足。

なにはともあれ、経験値アップを目指して行ってまいります。


21:57 ||

10 comments


■Admin Area
© copyright 2004-2018 まさ ■■■