「まさ」のあれこれWeblog
職業はランナーでもプログラマーでもないけど・・
   
:: Navigation
前の 日
次の 日
月別あれこれ
:: Categories

<< 2005-10 >>
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      




2005/10/24>
高島平ロードレース大会 2005 10Km
<場所:高島平周回5kmコース 10時2分スタート>

高島平ロードレース2005
久しぶりの10kmの大会。直近で参加したのは、昨年5月の東京シティロードレース。以来17ヶ月ぶり。フルやハーフは年に何度か参加するが、ここのところ10kmはコストパフォーマンスの問題とかで遠のいていた。
しかし、私の10kmのベストタイムは45分45秒。2年前に出した光が丘ロードレースでの記録がベストで、実はこれ、自分のフルマラソンの記録から見ると非常に見劣りするタイムだったりする。実は、10kmのタイムはずっと前から自分のコンプレックスだったりしたのだ。
とはいえ、では10km用の練習をしてきたのかというと、全然・・・。でも、2年前の45分45秒は上回らないと。フルマラソンとかは、そろそろタイムの限界が見えてきた気もするけど、10kmとかはまだ伸ばせる余地があるのではないだろうか・・・。

ということで、目標は45分切り。1km4分30秒切りだ。そんなの簡単♪と思われる人も多いかもしれないけど、私に取っては
未知の領域。さて、特にスピード練習とかしない人でも10kmのタイムは向上するのか?

高島平ロードレース当日は、暑くもなく寒くもなく。これぞ秋晴れというとてもいい天気。風もほとんどなし。

ここは自宅から車で10分くらいのところで、しかもよく知っている街。特に問題なくスタート1時間半前に到着。代々木RCのpayutaさんにお会いしていっしょに近所をアップする。
スタートは、コース内で交通事故があったらしく15分の遅延。まぁそのおかげで付け忘れた帽子とかを荷物のところに取りに帰れたりした。

コースは陸連公認の5kmコースを2周。よくぞ、この町中にほぼ長方形(三角かな?)の5kmぴったりコースを探せたなぁと思うくらい、距離調整の為のクランク等がない走りやすいコースレイアウト。もしかしたら、高島平を開発するときからこのレースは考えられていたのかもしれない。(このレースは歴史も古く今回は30回。高島平自体は歴史的には新しい街である。)
距離表示はちょっと変則の2/3/4/5/7/8/9km。つまり1kmと6kmが無い。スタート時は2kmまでペースがわからないのでこれがポイントか?

さて、スタート。
10kmの参加選手はパンフレットからみると約400名。スタート時こそ多少の混雑があるが、それもすぐに解消される。10kmでも55分という制限時間があるために、なんちゃってランナーはほとんどいないし、コース幅もそこそこあるので、500mも走れば自分のペースで走れることができる。

ひさしぶりのロードのレース。1km4分30秒のペースというのがわからない。まわりに乗りながら2kmを通過。2kmで8分40秒(1km4分20秒。)ちょっと速いか?ここらへんから、ラップのタイムを確認した選手たちはペースをあげたり、落としたりで順位が入れ替わる。私はペースキープを心がけるが・・。

3km通過。この1kmは4分28秒。おっとペースを落とした気ではないのだが、ノルマの4分30秒ぎりぎり。しかし先はまだ長い。今のペースをキープするだけだ。

4km通過。1kmラップは4分29秒。4分30秒には崖っぷちの1秒差。ちょっと焦りを感じる。

5km。2周回の1周目終了。1kmラップは4分31秒。30秒を切れず。残り半分。さて、前半2km分の貯金を使い果たさずに済むのか?

6km表示はないので次ぎは7km。2kmのラップ、9分02秒。つまり1kmあたり4分31秒。ここでも、貯金を消化。中盤30秒が切れなくなってきている。足・呼吸器系ともに前半に比べて明らかにきつくなっているという気はしないのだが・・・。

ここらへんから、回りのランナーとの順位が多少入れ替わってくる。10mくらい先の選手が徐々に下がってくる。7km過ぎて、その選手のペースが落ちてきたのか?それとも私があがっているのか?

8km通過。4分29秒。おお、2秒盛り返した。たかが2秒だが、ここに来てのラップ短縮は少しうれしい。ここからだんだん前との差が縮まってくるのがわかる。この集団の中では私は速い方か?

最後の第4コーナーをまわって、9km表示。4分27秒。また縮まった。あと1km、このペースでいけば・・・。

呼吸も上がり、いっしょうけんめい手や足を動かしていると、五感も研ぎ澄まされてくるのだろうか?後ろから、ものすごい気配を感じる。振り向けないが、なにかずーっと後ろの方から追ってきて、まさに今、後ろに付きましたよっていう気配が。
抜かされるか?そうはいくかと、今以上に頑張ってみる。おお、まだ頑張れるぞ。最後のロケットが点火したかのように、後ろの気配を置き去りにできたような気がした。
鳥肌。寒くはないのだが、後半落ちずにペースをあげられていることに対してか?鳥肌がたっていた。なにか、新しい自分を発見できた瞬間?

10kmゴール。最後のラップは4分19秒。トータルはネットで44分25秒。とりあえず、目標の45分は切ることができた。
後半失速しなかったことがイメージ的にはいい。

まだまだ44分台というタイムは大したことないけど、ひさしぶりに自分を越えられた気がしてまずまず満足。
とともに、もっと積極的にスピード練習とかをしないといけないのだろうなぁとも痛切に感じた大会でもあった。

10kmは終始、真剣だから、たまにはいいなぁ。

10km(ネット) 44分25秒
10km(グロス) 44分38秒
10km順位(グロス)330人中211位
10km男子40歳代順位(グロス)76人中53位
[Read More!]

18:34 ||

17 comments


■Admin Area
© copyright 2004-2018 まさ ■■■